プロ並みのお好み焼きの作り方

庶民の味として誰からも愛されているのがお好み焼きです。お店で食べるのもいいですが、工夫次第で家庭でもプロ並みのお好み焼きが作れます。

サイトトップ > お好み焼きの基礎知識

スポンサードリンク

プロ並みのお好み焼きの作り方

お好み焼きの基礎知識


値段が手頃で気軽に食べられる大衆料理の代表がお好み焼きでしょう。お好み焼きは厳密に言えば鉄板焼き料理のひとつということになりますが、一般的には生地は水に溶いた小麦粉で、野菜や、肉、魚介類などを具材として混ぜながら鉄板の上で焼き上げ、ソースなどをつけて食べますが、お好み焼きの焼き方や具材は各地方においても差があります。


特に代表的なのが「関西風お好み焼き」と「広島風お好み焼き」ということになりますが、その他の地域でも独特の料理方法が多数存在しているようです。このお好み焼き文化が広まるようになったのは戦後の事で、飢餓に苦しむ時代では空腹を少しでも補う食べ物が求められていました。


この頃急に注目されるようになった食品が特に子供達の間で人気のあった駄菓子屋の「一銭洋食」です。大人たちは当初この一銭洋食についてはおやつ程度にしか考えずに見向きもしなかったのですが、いよいよ困窮する状態となって、とうとう一銭洋食を国民的な食品へと格上げした格好になったのです。


これをベースに少量の豚肉をのせ、目症も「お好み焼き」と変更され、これが戦後のお好み焼きの歴史の始まりといってもいいでしょう。但し初期の頃は手頃な食べ物といった評価で、とても人気料理とはみなされていませんでした。


ところが昭和三十年代からはイメージも一転して、大人の味覚に充分応える料理として圧倒的な支持を得るようになっていったのです。実際「お好み焼き」という名前の通り、以後は食べる人の好みによって、どんな具材でも焼くことができるので、広いニーズに応える料理となったのも当然のことでしょう。


プロ並みのお好み焼きの作り方

MENU



スポンサードリンク